調剤薬局事務に必要な知識

調剤薬局事務に必要な知識

調剤薬局事務として働く場合にはさまざまな専門知識が必要になります。
一般的な事務作業の知識はもちろん必要ですし、それに加えて備えておきたいのが接客能力やレセプト業務知識などです。

 

事務知識や接客能力というのは比較的分かりやすいものでしょうが、少々特殊なのがレセプト業務です。

 

レセプト業務とは

レセプト

 

レセプトというのは診療報酬、つまり「薬の調剤処方を行ったのでこの分を支払ってください」として国に支払請求を出す手続きのことです。

 

日本国内には健康保険制度がありますので患者が支払うのは3割であり、残る7割の部分を国に対して支払ってほしいとして請求をかける必要があるのです。

 

調剤薬局によっては薬剤師が並行して行うようなこともあるのですが、一般的にはこのレセプト業務は調剤薬局事務の主な仕事の一つとして取り扱われています。

 

こうした知識を身につけるには独学、もしくは先輩から指導をしてもらうということになるのですが、レセプト業務のような専門性の高い物になってくると先輩から指導をしてもらうだけでは不足することが多いでしょう。

 

慣れれば難しくはないが最低限の知識は必要

勉強意欲

 

特によほど人手が余っているような調剤薬局でも無い限り、自分の仕事は自分で覚えるというのが基本になってきます。

 

従って基本的な部分に関しては実務の中で先輩に指導してもらいながら覚えていかなくてはなりませんが、そこで不足する知識に関してはテキストを買って読んだり、自分なりにメモを作るなどの方法で学習していく必要があります。

 

学習の意欲が無いということになると仕事もまともにこなせなくなりますので、この意欲を持っているかどうかが調剤薬局事務を行う上で重要な要素となります。

 

調剤薬局事務の資格は学習意欲と知識の証明にもなるので、就職の際には資格を取ることをおすすめします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性