調剤薬局事務の給料

調剤薬局事務の給料

現在、調剤薬局事務の仕事に注目が集まっています。

 

通信教育の講座などでも、この調剤薬局事務で働く為に必要な知識を習得する為の講座などが開講されており、多くの方たちが日々勉強に励んでいらっしゃると言えます。

 

医薬分業で増えている需要

調剤薬局事務需要

 

調剤薬局事務とは、その名の如く薬局での事務を行う仕事の事を指します。

 

一昔前までは、病院の院内に薬局があり、いわゆる院内処方といった形で薬が処方される事が一般的でした。

 

しかし近年では、医薬分業といって、病院の外の薬局にて処方された薬を受け取る事が出来る、いわゆる院外処方が可能になり、それを採用している病院も多くなってきています。

 

これにより病院側の会計などの事務の仕事量が軽減され、薬に関する事務については調剤薬局事務が担当する事になりました。

 

調剤薬局事務は調剤薬局の顔

調剤薬局事務 

 

調剤薬局事務の仕事とは、いわば薬剤師と患者との橋渡しといったものであり、患者が持参した処方箋を元に渡す薬の内容をチェックしたり、何か問題があった場合には薬剤師に確認を取ったりもします。

 

また医療関係の現場である事から、完全な事務職といったものでもなく、体調不良などを訴える患者がいた場合にはその対応なども行う為、接客業といった側面も持ち合わせた職種であると言えます。

 

気になる給料は?

給料 

 

そんな調剤薬局事務の給料についてですが、これはその雇用形態によっても違いがあると言えます。

 

例えば正社員としての雇用であった場合には、およそ月18万円程度であると報告されていますが、派遣社員やパートなどとなってくると時給での計算となる為、その労働時間によっても差が出てくると言えます。

 

時給としてはおよそ800円程度であるといったものが多く、また派遣社員やパートの場合は交通費は出ない事が一般的だと言えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性