調剤薬局事務の働く場所

調剤薬局事務の働く場所

薬局

 

調剤薬局事務の主な仕事場所として挙げられるのは、その職名からもわかるように調剤薬局です。

 

現在、医薬分業がすすみ、病院や診療所の近くには必ず1件は調剤薬局が設置されているといっても過言ではない状況になりましたが、調剤薬局事務の募集については、比較的規模の大きな調剤薬局が募集をかける傾向にあります。

 

なぜなら、診療所のそばにある調剤薬局だと、スタッフの数も数名程度と少なく、利用者もさほど多くないため、調剤事務の業務を勤務している薬剤師が兼務することができますが、大きな病院の近くにある調剤薬局だと、薬局を利用する患者の人数が多くなることが予想されるため、スタッフを多く配置した上で分業をしていかなければ利用者に応対することができないからです。

 

調剤薬局以外でも働ける場所がある

調剤薬局 

 

ただし、調剤薬局事務は、調剤薬局以外でも働ける場合があります。例えば、ドラッグストアでは近年、調剤薬局と同じように、処方せんを出せば調剤をしてくれることが増えてきましたが、このような場所では普段から多くの来客があるため、店舗の中には調剤薬局事務に関する資格を持つ者を店員として雇っている所もあります。

 

また、院内で調剤を行っている大きな病院では、医療事務とは別に調剤薬局事務の募集を行っている所もあります。

 

医療事務とは働く場所は違うの?!

調剤薬局事務とよく比較される職業に医療事務が挙げられますが、要求される知識は医療全般が取り扱う範囲となる医療事務の方が断然多いです。

 

このため、医療事務の仕事に従事するための難易度は調剤薬局事務より高くなりますが、その分仕事場所の選択範囲は医療事務の方が広く、病院や診療所だけでなく、介護施設や歯科医院などでも働くことができます。 ??調剤薬局事務と医療事務の違い

 

働く場所まとめ

 

調剤薬局事務の現在の募集が多いのは比較的大きな調剤薬局ドラックストアです。

 

医療事務よりは必要な知識の範囲は狭いですが、それは薬の分野に限定されているからです。逆に医療事務の知識で調剤薬局事務ができるかというと難しいでしょう。

 

調剤薬局事務として働くのであればその分野の専門的な勉強をしましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性