調剤薬局事務に必要なパソコンスキル

調剤薬局事務に必要なパソコンスキル

調剤薬局事務の仕事には、ある程度のパソコンスキルが必要となりますが、業務としてはデータ入力などが主となり、パソコンに関する専門的な知識などは必要ありません

 

調剤薬局事務に求められるパソコンスキル

パソコンスキル

 

調剤薬局では、訪れる患者さんの氏名や薬に関する情報などを扱っており、そうしたデータを入力・管理することが多くあります。

 

それほど高度なスキルは求められないことが多いですから、特にパソコンについて詳しく勉強する必要はないでしょう。

 

実際に調剤薬局で使用されるのは、レセプトコンピュータという専用のソフトですが、簡単に操作できるよう改善が進められており、エクセルやワードが使用できる人であれば、操作にもすぐに慣れることができるでしょう。

 

高度なパソコンスキルは必要ないが、正確性は大切

パソコン入力

ただ、とても重要な事としてあげられるのが「正確な入力と管理を行うという点です。患者さんの健康とプライバシーに関わる大切なデータですから、入力ミスや情報漏れが起こらないよう、正確に管理をしましょう。

 

万が一、入力されたデータにミスがあると、重大なトラブルを招きかねません。たとえば薬の服用方法などは、患者さんが持ち帰る袋にも記入されます。

 

本来一日一回の服用である薬が、三回と記載されていたら、患者さんはそれを信じて服用してしまうでしょう。健康被害を起こしてしまう可能性もあることですから、必ずミスのないよう、気を配らなくてはなりません。

 

調剤薬局事務はとても忙しい仕事でもあり、データ入力作業なども急いで行わなくてはならないこともあるかもしれません。そういった意味では、素早く正確な入力ができるスキルが有れば、より安心だといえるでしょう。

 

ある程度パソコンに慣れていること、そして出来れば素早く正確なタイピングスキルを持っていれば、調剤薬局事務として働きやすいといえます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性