調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務は、調剤を行っている薬局の受付を担う仕事です。

 

一方、医療事務は、病院で受け付けを行う事務です。両方とも、医療に携わる事務作業を行う職業です。資格を保持していることで、円滑な事務作業ができるので、資格所持者が優遇される傾向にあります。

 

しかし、法的には資格を持っていなくても事務を行うことができるので、資格がなくても採用している医療機関は多いです。

 

調剤薬局事務と医療事務の違い

調剤薬局事務

 

主な作業は、両方とも受付をして、カルテを用意したり、薬歴を確認したりすることから始まります。そして、その内容を、医師や薬剤師に通知します。

 

この時、初診の患者であれば、これまでの病歴や副薬歴、病院や薬局に来た目的を記入してもらいます。

 

調剤薬局事務の場合には、お薬手帳を発行したり、患者の情報を端末に登録する作業を行います。医療事務の場合も同様に、診察券の発行を行ったり、カルテを用意します。

 

診察が終わると、医療事務の場合には医師の指示のもとに処方箋を発行して、会計を行います。医療事務の場合には、処方薬の説明は薬剤師が行って患者に説明を行うので、主な作業は会計を行うことになります。

 

調剤薬局事務も医療事務も強力なサポート役

 

サポート 

以上のように、調剤薬局事務や医療事務の役割は、医師や薬剤師が行業務をサポートする役割です。もちろんこれらの職業の人間がいなくても、病院や薬局を経営することはできますが、医師や薬剤師が膨大な作業をこなさなくてはならなくなります。

 

したがって、これらの職業が果たす役割は、病院や薬局になくてはならないのです。

 

特に大きな場所になれば、一日に来る患者の数が多くなるので、円滑な事務を行うためには、事務作業を効率的に行って業務に支障をきたさないようにする行動力が求められています。

 

まとめ

両資格とも受付をして、カルテを用意したり、薬歴を確認したりすることとレセプト業務は共通するところはありますが、分野が違うのでそれぞれに必要な専門知識は異なります

 

両資格で働くときは、資格を取って専門知識を身につけてから強力なサポーターとなって働きましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性