調剤薬局で働く方法

調剤薬局で働くにはどうしたらいいの?

調剤薬局事務

 

調剤薬局で働く場合、もちろん一番有用な資格は薬剤師です。調剤という仕事、即ち医師の処方箋に従って医薬品を揃え、患者さんに服薬指導をしつつ医薬品を交付する、という仕事は薬剤師でなければできません。

 

しかし、薬剤師というのはおいそれと取得できる資格ではありませんし、そもそも薬剤師の資格を持っている人であれば、調剤薬局で働くにはどうすればよいかは分かりきっているでしょうから、ここでは割愛します。

 

薬剤師でなければ調剤薬局では必要とされないかというと、決してそんなことはありません。

 

どんな職場でもそうでしょうが、資格のある薬剤師だけで調剤薬局が運営されているわけではなく、その他の仕事、調剤薬局事務と呼ばれる仕事ですが、それも同じように必要とされているのです。

 

調剤薬局事務は薬剤師の強力なサポーター

レセプト

 

調剤薬局事務というのは、簡単にいうと、薬局における調剤以外の全ての業務の補助、ということになります。

 

これには例えば受付業務なども含まれます。しかし、最も重要で、かつ薬局に特有な業務として、「レセプト業務」と呼ばれるものがあります。

 

患者さんが医療機関を受診し、保険で診察を受けた場合、診察費そのものなども同じですが、薬の費用についても患者さん本人と保険者、つまり健康保険事業の運営者に請求することになります。

 

分かりやすく言えば、いわゆる3割負担の場合、患者さんは薬局の窓口では薬の代金の3割だけを支払います。残りの7割は、薬局から保険者に請求して初めて支払われるという仕組みです。

 

月に一回のレセプト業務はとても重要

レセプトとは、薬局が保険者に対して請求する明細書のことです。

 

この診療報酬明細書をレセプトと呼びます。そして実際に診療報酬の請求を行うのがレセプト業務です。

 

薬剤師とは異なり資格が必須とされる仕事ではなく、未経験OKも多いですが、円滑に行うために調剤薬局事務の資格はとても役に立ちます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性