調剤薬局の業界動向

調剤薬局の業界動向は?

処方箋

 

一昔前までは薬は院内処方と言うのが一般的でした。

診察代などの精算の時に一緒に薬を渡されると言う形になっていました。

 

今でもその形態をとっている病院もありますが、そうではなく会計時には処方箋を渡す病院も増えています。

 

処方箋を渡された患者は自分が好きな調剤薬局へ行き、そこで薬を出してもらう事になります。

 

ただ注意したいのは、その病院のそばにある調剤薬局であればその処方箋に記されている薬を用意してある事が多いのですが、特殊な物に関してはその病院から離れたところにある薬局には用意されていない場合もあると言う事です。

 

調剤薬局の業界動向

調剤薬局

 

さて、一時期個人の開業医の建設の時にはその隣に必ずと言っていいほど調剤薬局が建てられていました。

 

人によっては病院とワンセットになっていると思っている人もいる程です。
しかし実際には別物となっていると言う事も知っておきましょう。

 

そんな調剤薬局ですが、一時期は劇的にその数を増やして行きました。
特に郊外にその傾向が顕著となっていると言っても良いでしょう。

 

ただ実際にはその当時に沢山建設されている為、既にその数はかなり多い状態となっており、ある意味飽和状態になっている地域が有ると言っても過言ではありません。

 

その為、現在では都市部などでの建設はそれ程多く行われているわけではないのが現状です。

 

ただその求人自体は随時行われており、実際に様々な形態で募集しています。

 

とはいっても、薬剤師の仕事自体は結婚や出産を経ても行う事が出来、さらに正社員として働かなくてもパートタイム労働の形でも十分働く事が出来る状態です。

 

従って、調剤薬局でも空いた時間だけ働くと言うパートタイムの人が増えてきているのが実情で、子育て中の女性にとってはとても人気がある仕事の一つとなっています。

 

ただ、実際には現在は薬剤師の資格を取得している人もとても多く、全ての人が自分の思い描いている所で働いていると言う訳ではありません。

 

その為、本来は薬局で働きたいと思っている人も、企業の中で働く事になったと言う場合もあります。

 

業界動向

ただ、今後の業界の動向としては、ある程度の求人はこのままの状態、もしくは少し右上がりの形で推移していくと考える事が可能です。

 

ただ雇用形態に関しては現在の経済の状況を考えると正社員の形ではなく、パートタイム労働の形の方が求人数も多く、その形で仕事を探した方が自分の希望する地域での仕事を見つけやすくなる可能性が高いと考える事が出来ます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性