調剤薬局事務の仕事の範囲は?

調剤薬局事務の仕事の範囲は?

調剤薬局事務の主な仕事内容は、患者さんの対応をはじめ薬剤師のサポートを行います。
では具体的に調剤薬局事務はどこまでが仕事範囲なのでしょうか。

 

具体的な仕事範囲

仕事範囲

 

新規の患者さんがいらっしゃった際には、保険証などを確認して受付をします。
調剤薬局では、カルテのような薬歴を作成しなければいけません。

 

レセプトに患者さん一人一人の処方箋の内容を記入していきますが、レセプトに間違いがないかをチェックするのも大切な仕事内容のひとつです。

 

飲み合わせなどの問題があってはならない為、飲み合わせの監査をします。
この作業をスピーディーに行うことが欠かせません。

 

また、多くの調剤薬局では、月末や月初めのレセプトを作成するところがほとんどです。

 

現在、医療事務の人気を集めていますが、調剤薬局事務とは仕事内容に差があります。
医療事務は病院や診療所で働く方がほとんどですが、調剤薬局事務は調剤を行える薬局をはじめ薬店やドラッグストアなどで働きます。

 

また調剤薬局事務院は、調剤助手と呼ばれることもあります。
調剤や服用のアドバイスを患者に行うのは薬剤師ですが、処方箋の受付、患者情報の入力や家訓、レセプト業務を行うのが事務員です。

 

実際の仕事の流れは?

仕事の流れ

 

実際に仕事をしている方の仕事内容の流れをチェックしてみると患者さんの処方箋を受けつけるところからスタートします。

 

この際に注意しなければいけないのは、患者さんが来院したことがあるかをきちんと確認することです。

 

また、処方箋の有効期限が過ぎていないかを事前に確認することが欠かせません。

 

さらに、現在では後発医薬品への変更希望が可能になったことから、後発医薬品への変更不可欄などを事前にチェックします。

 

薬を処方したドクターが後発医薬品に変更することを不可だと判断した場合には、署名と押印がされています。新患の場合、薬歴簿を作成します。

 

氏名や住所、年齢だけでなく、生年月日や現在服用している薬や副作用の有無などを確認する必要があります。

 

再来の受付の場合は、薬歴簿に元図いて保険証に変更がないかを確認します。

 

薬剤師が処方箋を確認したら、パソコンに処方を入力するのも事務員の仕事です。

 

審査支払機関に提出する診療報酬明細書であるレセプト作成も大切な仕事です。
この業務は、月末や月初めに必ず行わなければいけません。その為、月末や月初めは忙しくなります。

 

調剤薬局事務の仕事範囲まとめ

このように調剤薬局事務はコミニケーションと仕事の正確性が要求される仕事です。
人の健康に携わる仕事という自覚をもって、就職する際には最低限の知識は身につけておきましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性