力価計算

力価計算とは

力価計算

 

力価とはお薬の効果が現われる量のことで、調剤薬局の力価計算で使う力価はお薬の有効成分の含有量のことを指します。

 

医薬品のほとんどが、有効成分が100%のお薬を提供している訳ではなく、ある程度薄めたお薬を提供しています。

 

Aという名前の細粒状のお薬は「A細粒20%」という状態で提供されます。

 

この「A細粒20%」は、有効成分は20%含有されていて、あとの80%については甘味料や乳糖、香料などといったお薬の効き目に関与しない成分で薄めています。

 

有効成分が100%のお薬だと、お薬の量が少なくなりお薬を正確に量り取るのが難しかったり、飲みにくい味になってしまうために薄めて作られています。

 

例えば、処方箋に「A細粒20% 100mg」と記されているときには100mgが力価で、有効成分がBであるとした場合、そのBの量が100mgになるように処方する必要があるということになります。

 

有効成分Bが100mg必要なので「A細粒20%」を100mgではお薬の量が足りません。

 

このときは「A細粒20%」が必要な量に計算しなおす必要があり、これを力価計算といいます。
力価計算の結果割り出された「A細粒20%」の量のことを製剤量と呼んでいます。

 

「A細粒20%」の製剤量は有効成分が五倍に薄められていることになるので、100mgの五倍である500mgまたは0.5gということになります。

 

処方箋は「A細粒20% 0.5g」というようにお薬の名前の後に製剤量を記す場合もあります。
お医者さんは、お薬の名前の後に力価か製剤量のどちらか好きな方で処方箋を記します。

 

力価なのか製剤量なのかが分かるような目印はないため量が少ない場合は力価であるという判断をしてお薬を量り取ります。

 

目安としてはミリグラム単位で記されている場合は力価を記している可能性が高いことになります。

 

つまり、処方箋に「A細粒20% 100mg」と記されている場合も、処方箋に「A細粒20% 0.5g」と記されている場合も同様にA細粒20%を0.5gを量り取る必要があることになります。

 

判断するには経験も必要

処方箋のお薬の名前の後ろに記されている量が相当少ないときには力価と判断することになる訳ですが、お薬の量が少ないかを判断するにはある程度の薬剤師としての経験がないと困難です。

 

そのため、処方箋のお薬の名前の後ろに記されている数値が力価か製剤量かが判断できない場合や、不安な場合は薬剤師としての経験が豊富な人に伺う必要があります。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性