調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務の仕事内容

調剤薬局事務の仕事は、働く場所で業務内容は異なりますがメインの仕事は

処方箋の受け取り

 
保険の確認
 
パソコン入力
 
月に一回のレセプト業務

になります。その他には薬剤師のサポート業務があります。では詳しく見ていきましょう。

調剤薬局事務の仕事内容

受付での患者対応

 

調剤薬局事務の仕事

患者さんが来られたら受付で処方箋を受け取り、保険の確認を行いパソコンに入力し、会計を行います。
まさに調剤薬局事務の顔として活躍する仕事です。

 

医薬品の在庫管理

 

在庫管理

毎日出入りしている材料業者より医薬品の納品があります。この医薬品の管理、発注、受け取りも大切な仕事です。

 

お金の管理

 

お金

経費の管理や売上金の計算も行います。

 

薬局内の清掃

 

清掃

調剤薬局も医療機関の一つなので、清潔さも重要です。開局前と後で清掃を行うことが多いです。

 

月一回の仕事

 

レセプト

月に一回「レセプト請求」というとても大切な仕事があります。これは支払基金に対し患者の自己分担以外の部分を請求する仕事になります。

 

レセプト内容に不備やおかしな点があったり保険者番号のミスなどで返戻といって戻ってきてしまうので、正確さの要求される大切な仕事です。

 

仕事内容まとめ

 

調剤薬局事務の仕事は、毎日行うもの月に一回行うものがあります。どちらも正確性が求められる仕事です。

 

レセプト請求などはは専門的な知識も必要になるので、就職する際には資格を取って勉強してから働くことをおすすめします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性