調剤薬局の歴史

調剤薬局の歴史

むかしの日本の調剤薬局は、病院内に設置されていました。そのため、患者は診察を受けた後に病院内で薬を受け取ることできていました。

 

その後、しだいに病院の前に調剤薬局を別に設置する店舗が増えてくることになります。そうした店舗では門前薬局と呼ばれ、店主は個人の薬剤師が勤めていることが多くなっていました。

 

1990年代の半ばになってくると、病院と調剤薬局を別に設ける仕組みの医薬分業が推進をされるようになります。

 

医薬分業が進んでいる

医薬分業

 

医薬分業とは、医師は患者の治療だけに専念をすることで効率を上げようとし、薬の処方は専門である薬剤師に任せようとする制度です。

 

従来、院内に薬局があった時には、医師が治療と薬の処方の両方を行っていました。

 

しかし、薬の処方も医師が行うと、医師の負担が大きくなってしまうことが懸念されていました。そこで、薬の処方においては薬剤師にやってもらうという分業体制を取るようになってきます。

 

薬の処方では薬剤師の方が専門性が高いことから、患者へのアドバイスも的確に指示できるとの期待がありました。

 

また、薬の処方箋は医師が出し、薬の調剤は薬剤師が行うことでダブルチェックができ、誤った処方を防げる効果も期待されていました。

 

このように医薬分業は医療従事者にも患者にもプラスの作用があるとして、病院の別棟に調剤薬局を設けるところが相次いでいきます。

 

これからも制度は変化していく

調剤薬局

 

近年では病院の門前薬局は1件だけでなく、2件3件と存在するほどまで増えてきています。これほどまでに門前薬局が増えてきた理由しては、大手のチェーンが台頭してきたことが挙げられます。

 

大手のチェーンでは新卒の薬剤師を多く採用し、全国への新規出店を拡大してきています。その結果として、現在では中小の調剤薬局が、大手のチェーンにM&Aをされる流れが出てきています。

 

また、大手のチェーンでは門前薬局への出店が限られるようになっていることから、今では新たな業態の店舗を増やすことが実施されてきています。

 

新業態の店舗としては、駅前や駅ナカの店舗やコンビニや家電量販店の併設店などが存在します。さらにショッピングモールに医療モールを作り、そこへ薬局を設置することも行われています。

 

このように大手のチェーンが業界をリードすると同時に、現在は医薬分業を見直す動きも一部で出ています。患者としては、病院内に薬局があった方が便利だという意見があるからです。

 

これらの意見を受けて、今後の政府は医薬分業の方針を改めるかを決めていくことになってきます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性