調剤薬局事務のメリット

調剤薬局事務のメリット

調剤薬局事務のメリット

 

有名タレントが取ったことでも話題になった調剤薬局事務ですが、医薬分業でニーズもかなり高まっています。

 

調剤薬局事務は薬剤師のサポートを行い、「調剤薬局の顔」として働くお仕事です。
そんな調剤薬局事務のメリットをご紹介します。

 

調剤薬局事務のメリット

勤務スタイルの自由度が高い

調剤薬局事務の仕事はライフスタイルに合わせて働きやすいのもメリットです。子供がいる家庭医で、子供が学校に行っている間だけ働きたいといったことも可能です。

 

働き場所に困らない

調剤薬局は街中でもよく見かけますよね。それに加え調剤をしているドラックストアでも働けるのでおおよそどの地域にもあります。そのため働き場所には困りません。

 

復職がしやすい

調剤薬局事務は様々な勤務体系で働くことができる上に、職場もたくさんあるので出産、結婚で離職しても非常に復職しやすい環境です。

 

誰にでも取りやすい資格

調剤薬局事務の資格は、医療系の資格の中では実務経験も必要なく試験の難易度も高くないので比較的取得しやすくなっています。

 

試験回数が多い

調剤薬局事務の資格の代表的なものが調剤薬局事務管理士になります。この資格試験の回数は年6回行われており、自分の受けたいタイミングで受けやすく、再受験もしやすくなっています。

 

資格試験は持ち込みOK

調剤薬局事務の仕事は「レセプト」という書類を正確に作ることです。そのため資料を見ながらでも正確に作成できればいいので、調剤薬局事務の資格試験はテキストやノートの持ち込みが可能になっています。

 

調剤薬局事務のメリットまとめ

調剤薬局事務の資格は、総じて自由度が高いのに需要も高いというすばらしい資格です。

 

しかし、それだけに競争率も高くなってきています。就職、転職、復職をしやすくするためにも資格を持っているとスキルとやる気の証明にもなるのでかなり有利です。

 

調剤薬局事務で働くのであれば資格取得をおすすめします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性