調剤薬局事務の資格は必要?

調剤薬局事務の資格は必要?

現代ではそれぞれの人の能力を示すものとしてさまざまな資格が存在しています。
これは調剤薬局事務の仕事に置いても同様で、国家資格としては無い物の民間資格としての取り扱いがされています。

 

ただ「この資格は絶対に必要なのか」という疑問に対しては「絶対に必要と言うわけではない」という答えになるということは注意が必要です。

 

調剤薬局事務は必要な資格なのか

調剤薬局事務の資格

 

そもそも国家資格ではない民間資格の中には一般的に価値が高いとされているものと、そうでもないとされているものの二種類があります。

 

調剤薬局事務の資格がどちらに該当するのかと言われると、残念ながらこの資格は「特に価値が高いとは言えない資格」に分類されることの方が多いのです。

 

実際に調剤薬局事務の採用をする側からしても資格の有無よりは経験の有無の方が重要だというような判断が一般的ですから、絶対に取得しなくてはならないというものでもないとして考えざるを得ないのが現実です。

 

未経験者の採用であったとしても基本的な仕事はパソコンで行うのが調剤薬局事務ですからパソコンの使用ができるかどうか、これまでのアルバイトやパートなどの職歴はどうか、これまでの学歴はどうかと言ったようなところの方が重視される傾向があります。

 

さらに言えば調剤薬局に関連する仕事に就きたいと考えているのであれば登録販売者などの別の資格の方が価値はあると判断されますし、それ以外の資格でも経理の能力を示す日商簿記などの方が応用が利くと判断されることが多いでしょう。

 

ただ「絶対に取る意味は無い」と断言できるのかと言われればそうでもなく、例えばほぼ同じ能力・職歴・学歴の人がいたとして、違いが調剤薬局事務資格の有無にしかないということであれば有資格者の方が優先される可能性は高いです。

 

調剤薬局事務は今人気のため競争率も高くなってきています。そのため重要度は低いものの取らない方がよい資格であるとまではいかないというように覚えておくとよいでしょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 
TOPページ 通信講座比較 仕事内容 将来性